餃子好き必見!全国屈指の餃子が集結!?餃子フェス TOKYO 2018の開催日程や出店店舗は!?

いきなりですが、、、皆さんの一番の大好物はなんでしょうか!?

焼肉?ラーメン?寿司?ハンバーグ?しゃぶしゃぶ?どれも美味しくて誰からも愛される人気食といえばこれらが思い浮かびますね。

しかし、最近巷では、ここにないある料理がブームになっているそうなんです!

それが「餃子ブーム」と呼ばれる空前絶後の餃子人気(笑)今まではどちらかといえば男性を中心に人気であった餃子ですが、最近では老若男女すべての人から絶大な人気を集めているそうなんです!!!

その人気の背景には、作り手の様々な工夫があるといい、現在では王道の肉餃子をはじめとして野菜餃子などの女性向けの餃子など本当に様々な餃子が存在します。

そして!今回紹介するのが、そんな餃子の有名店がこぞって集結するという餃子フェスTOKYO2018。参加者はその餃子をすべて食べることができ、毎年70万人近い人が訪れます。

一体、この餃子フェスとはどのようなイベントなのでしょうか?今回はその内容・魅力をはじめとし、開催日程・アクセスなども紹介していきます。

餃子フェスとは?


引用:https://ivento.xyz/

餃子フェスとは、毎年8月と11月の計2回都内の会場で行われる餃子の祭典で、今年は代々木公園で開催された8月開催が終了したので、今年も残すところ今回の11月開催のみとなりました。
(※餃子フェスは、大阪など全国的に開催されていますが、ここでは東京会場の場合のみ)

開催月を問わず毎年10を超える餃子の有名店が会場に集結し、各店で人気の餃子をチケットと引き換えに参加者に振る舞います。その他にも餃子と相性抜群のビールなどの酒類・デザートなども用意されています。

家族で楽しむも良し、友達や恋人恋人と楽しむも良しの本当にどなたでも楽しめるグルメイベントです!

餃子フェス2018@中野の出店店舗は?

今年最後の餃子フェスは、東京都中野区にある「中野四季の森公園」で開催されます。この中野会場は第1回目開催の時と同会場となっているので、懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか。

そして気になる今年の最後を飾る出店店舗に関してですが、先日公式サイトの方で発表されました。

今年のテーマは『肉汁!!!』ということで、有名店のボリューム満点の餃子が出揃いました!

・宇都宮餃子館 「肉汁健太餃子」
・花林糖餃子 「エビ蒸し餃子」
・羽根つき焼小籠包 鼎’s 「羽根つき焼き小籠包」
・WASH1N TOKYO 「ちょい辛!ミンチたっぷりジューシー麻婆餃子」
・肉汁餃子製作所・ダンダダン酒場 「東京手羽餃子」
・近江牛餃子 包王 「肉大盛 近江牛餃子」
・餃子の宮でんでん 「胡麻坦々大肉汁スープ餃子」
・餃子×バル ちびすけバル 「コラーゲン入り肉汁ねぎ塩焼き餃子」
・餃子とワイン 果皮と飴 「北海道産牛の濃厚味噌バター牛カツ餃子」
・餃子専門店 福吉 「肉フロマージュ餃子」
・餃子バル ぴこれ 「桜エビとホタテの濃厚ホワイト泡餃子」
・肉そば おとど×浅草開化楼 「東京名物肉汁おとど餃子」

餃子が有名な宇都宮をはじめとし、京都や地元・東京の有名店がズラリ。。。ここでしか味わうことのできない豪華なイベントになることは間違いなさそうですね!

公式サイトはこちら https://www.gyo-zafes.jp/

迷ったらこれを食え!オススメ餃子4選!?

餃子フェスに出店する店舗はどこもちょー有名店なのですが、その中でも「これだけは食べなきゃ損!」というオススメの餃子をいくつか詳しく紹介します!

▷近江牛餃子包王 「肉大盛 近江牛餃子」


引用:https://www.otoriyosetecho.jp/

大阪を代表する高級牛である近江牛をふんだんに使用したジュージーで贅沢な味わいの餃子。また、皮には卵黄や秘伝のタレが練り込まれているらしく、最高級の牛肉との相性は言うまでもなく抜群。

▷餃子とワイン果皮と飴 「北海道産牛の濃厚味噌バター牛カツ餃子」


引用:https://marianas.jp/

「これって餃子なの!?」と言いたくなるような一風変わった餃子(笑)栄養豊富な北海道の牧場で『酒粕』を食べて育ったという旭高砂牛がたっぷり詰まった一品。さらに、バターが染み込んだカツ風の衣との相性は抜群で、牛肉の旨味を際立たせます!

▷餃子専門店福吉 「肉フロマージュ餃子」


引用:https://tokyo-calendar.jp/

女性に大人気だというこちらの餃子。「餃子なのに、ニンニクが入っていない」という女性に優しい一品で、福吉人気の海老チーズ餃子と並ぶほど!そして、フロマージュという名の通りたっぷりと表面にかけられたクリームチーズを焼き上げて出来上がり!女性人気間違いなしですね(笑)

▷餃子バルぴこれ 「桜エビとホタテの濃厚ホワイト泡餃子」


引用:https://harapeco.news/

桜エビとホタテをベースに作られた濃厚なホワイトソースにモチモチの皮に包まれたベーシックな餃子を浸けて食べるという斬新な一品。肉フロマージュ同様女性に大人気の餃子で、チーズと水餃子のような食感の皮が絶妙に醸し出すハーモニーが特徴的。

餃子フェスTOKYO2018の開催日程は?

今年最後の餃子フェスは、10月末から11月にかけて中野四季の森公園にて開催されます!台風などの例外を除き、原則雨天決行です!

この時期ともなると、かなり肌寒い季節となってくるので十分に暖かい格好をしていくことをオススメします。また、

[開催日程]2018年10月31日(水)〜11月4日(日) 
[開催時間]11:00〜21:00(※31日は12:00〜、3・4日は10:00〜)

当日にチケットは買うな!?

えっ!?

と思った方も多いと思いますが、理由はあとにしてまずはこちらの写真をご覧ください!


引用:http://www.allnightnippon.com/

こちらは餃子フェス当日の各店舗に並んでいる人たちです(笑)このように期間中は時間帯に関わらず毎年かなり混雑が見られます。

そもそも、この餃子フェスでは現金で餃子を買うことはできません。そのため来場者が餃子を買うためには2つの方法に分かれるんです!

・餃子引き換えチケット(1枚600円)での購入
・電子マネー各種でのお支払い(※会場での入金不可

餃子チケットの場合は会場の入り口にあるブースで購入し餃子ブースで引き換え、電子マネー各種の場合は、PASMOなどの交通系ICカードを含め基本的に使用可能で、餃子のブースで直接お支払いという形になります。

そして、ここからが本題なのですが、まず絶対に会場でのチケット購入はしない方がいいと言うことです。

というのも、当日チケットを買うために並ぶ列の方が餃子を買う列よりも時間がかかります。。。時間でいうと、日時によって多少差はありますが、餃子1時間・チケット2〜3時間といったところです。

こんなの馬鹿馬鹿しいですよね?(笑)ですから、ここでは電子マネーでの購入一択です!!!ただ、会場での入金はできないので、そこだけは注意してきちんと入金してから行きましょう!

会場へのアクセスは?

電車で行く場合

電車で行く場合には、JR中央線・総武線、東京メトロ東西線「中野駅」から徒歩で会場へ向かいます。

会場までは、北口を出てからおよそ徒歩5分で会場に到着します。

車で行く場合

車で行く場合には、近くを環七通りや首都高速中央環状線が通っているのでそちらを利用するのが良いでしょう。

駐車場に関しては、会場となる中野式の森公園の専用駐車場が徒歩2〜3分のところに2箇所あるのでお車の方はここに駐車すると便利です。

・中野セントラルパークイーストパーキング(東京都中野区中野4丁目4−10−1)
[詳細]7:00〜23:30、最大料金1800円、30分200円、76台

・中野セントラルパークサウスパーキング(東京都中野区中野4丁目10)
[詳細]7:00〜23:30、最大料金1400円、30分200円、138台

まとめ

いかがでしたでしょうか?全国の有名餃子店が東京の中野に集結する「餃子フェスTOKYO2018」

「餃子ブーム」と呼ばれ大人気となった餃子の有名店だけあって、提供されるのはオリジナル性や味どれをとっても超一流。

ただ、こんな夢のようなイベント。。。毎年会場は超混雑します!そこで今回紹介したのが電子マネーでの秘策でしたね(笑)

餃子の好きの人はもちろんのこと、餃子を普段あまり食べない人でも全然楽しめるイベントなので、ぜひ家族、恋人、友達と美味しいものを食べて最高の思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

ということで、今回は餃子フェスTOKYO2018について紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする